日本観光文化協会は「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の会員となりました。

≫地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて(外部サイト)

JMCグループの提言

地域、観光資源の中には、「モノづくり、コトづくり、場おこし」による発見で、育まれた宝物のような魅力的なものがありながら、地域外の視点でなければ発見できないものもたくさんあります。
SDGsのメガネで覗けば素晴らしい、観光の5資源(自然、生活、歴史、芸術、スポーツ)とか、祭りや文化遺産、特産物などもたくさんの地域に眠っていると感じています。
生活者マーケティングの観点から経済的に創出できる価値を見える化していくことで、想定される費用をかける意義が理解いただけると思います。